2010年01月08日

父と母

私の父と母です。

chichi100101.jpg

haha100101.jpg
MINOLTA α-7 SAL50F18 /KODAK BW400CN


こうして自分の親を撮影することはめったにないのですが撮影した
写真を通して改めて見ると、年取ったなと思うことと自分が両親に
似てるんだな思うこと。

だんご鼻は母譲り。口元は父譲り。目は母かな・・
そりゃふたりのDNAから成り立ってるtomohiroですからね。
ふたりがいなかったら・・出会わなかったら私は存在しない。

当たり前のことなんだけど、両親に感謝しないといけません。
そして人は私もそうですが必ず死ぬということ。
それを常に心に意識することは大切なことだと思います。
いつも忘れてしまうんですけどね。(^_^;)




posted by tomohiro at 20:01| Comment(6) | α7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆
tomohiroさんおご両親なんですね。
やさしそうなご両親ですね。
人はいつか死ぬ、遠いことのようですが、
必ず訪れることですよね。

モノクロのお写真が、とっても良い感じのお写真に仕上がっています。
Posted by あき at 2010年01月08日 22:24
あきさんコメントありがとうございます。

とても優しい自慢の両親です♪

人の死は、遠いところにありそうですが生と死は
表と裏。とても近いところににある。
そう教えられています。そのことを私自身まだ
理解できていません。でもその死が身近にあることを
意識して今を生きることが大切だと思っています。
Posted by tomohiro at 2010年01月08日 23:39
とりあえず、よくここまで生きてこられたよなぁと思う今日この頃。
もう十分なんじゃね?と思うこともありますが、きっと、まだまだ生かされていくのでしょう。
生きていることに感謝。

人の死というものを、これまでの短い人生の中でも、結構な数を経験してきましたが、確かに生と死は表裏一体の関係にあると思います。
人は、限りある人生だからこそ、生きていけるとも言えると思います。
Posted by KUZU at 2010年01月09日 01:20
どうも。ごぶさたデス。
「にっさん」です。
年末から糠峰に帰ってきてました。

私は、あくまで趣味の範囲でデジカメ撮ったりしてますが(汗)、とてもお見せするようなものではございませんので…。

オジちゃん、オバちゃん元気ですか?

また、立ち寄ります〜。


Posted by 3姉妹の親父 at 2010年01月09日 01:49
KUZUさんコメントありがとうございます。

>人は、限りある人生だからこそ、生きていけるとも言えると思います。

KUZUさんお若いのに私よりしっかり解っておられる。
その通りだと思います。
日々生かされていることに感謝しないといけませんね。
Posted by tomohiro at 2010年01月09日 08:48
にっさんコメントありがとうございます。
遊びに来てくれてありがとう!

すっかり立派なお父さんですね。
趣味の範囲でデジカメ?きっと愛娘さんを
激写してるんでしょう(^。^)ガンレフでの写真も
是非見せて下さい。

オジちゃんオバちゃん元気ですよ。
にっさんとこのご両親もお元気ですか?
今度帰省した時は会いましょうね。

Posted by tomohiro at 2010年01月09日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。