2010年01月24日

いい加減

ezuko100119H.jpg
minolta α-7 AFZOOM100-300mm /kodak BW400CN


『いい加減』という言葉を聴いてどう感じますか?
丁度いい感じともとれるし、無責任、中途半端なイメージも。
同じ言葉でどうしてここまで違った意味があるんでしょうか・・

必死に生きることをベースにしたら無責任、中途半端ということに
なるのかな。いやちょっと違うような気がする。
でも自分は今までいい加減に生きてきたことは確かだと思う。

死に物狂いで生きた!やったという経験が無い。
自分の限界を知るのが怖いんだと思う。でも限界を知らなければ
成長はない。自分が限界にきていることにも気付かない。
だから自分はあんな病気になったんだと思う。

さて・・・どうするか・・
そろそろいいんじゃないかな。充電もいいでしょ
お金もそうだけどエネルギーは使うためにある。
問題はその使い方。自分の思想という軸をしっかり持って
世間と折り合いをつけながら新しい道を切り開いていこう。

この写真のサギのように生きるべくして生きる。


posted by tomohiro at 10:48| Comment(4) | α7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しっかりと物事を見据えておられるのですね。
ボクなんか、そんな高い意識を持つこともなく、ここまで来てしまいました。
新しいことにチャレンジするって非常にエネルギーが要りますが、自分の限界を知るということも、同じくらい大変だと思います。
…あれ?なんか上手く書けませんが
そのエネルギーを良い方向に向けて使うことが出来れば、きっと新しい道が切り開ける気がします。
Posted by KUZU at 2010年01月24日 15:12
KUZUさんコメントありがとうございます。

返事が遅れて申し訳ありません。
いや・・意思が低いんですよ(-_-;)
だからこうしてブログに書き留めることで
自分の意識付けをしてるつもりなんですが中々・・
Posted by tomohiro at 2010年01月26日 06:46
こんにちは!
お写真の鳥はサギなんですね。
以前、サギを撮影したことがあったんですが、
確かぁ真っ白だったんです。
この間お写真と同じ鳥がいたんですσ(^_^;)
近いうちに撮影してみます。

『いい加減』ですか。
私、体があまり丈夫ではないんです。
なので、気合いが入り過ぎちゃって一生懸命になりすぎると、
心身ともに疲れちゃって具合が悪くなるんです。
こう見えて(見えないですね)結構心身が弱いんです(^^)
訳わからないこと書いてますm(_ _)m☆””




Posted by あき at 2010年01月26日 15:21
あきさんコメントありがとうございます。

サギは白鷺もこの青サギも大きく美しく見栄えが
するのでつい撮ってしまいますね。

気合が入りすぎて心身が疲れるのは、よくわかります。
私もそうなんです。先日撮影の仕事があったのですが
ちゃんと撮らないといけないという真剣モードと緊張感で
硬くなり、当然上手く写真が撮れず身体と頭が正に
フリーズ状態(^_^;)ヘロヘロになりました。
仕事でも心に余裕がないと写真って上手く撮れないんですよね。
そのあたりが良い意味で『いい加減さ』が大事なのかもしれません。
Posted by tomohiro at 2010年01月26日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。