2010年04月15日

いつの日か見る景色

bodaijyu100415.jpg

お仕事でお世話になっている菩提樹苑の一番高いところからの景観です。
ちょっとガスが出て解りづらいですが阿蘇の外輪山が望めます。

いつの日か自分もお墓に入ることになると思いますが、こんな景色の良い
ところだったら幸せだなと思います。野鳥も遊びにきてくれそうですし♪
posted by tomohiro at 21:46| Comment(2) | α700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
お墓は生きている人が故人をしのぶための物で
亡くなった人は、異次元に旅立つのだと思う。
悪い事を重ねた人は地獄に落ちちゃうしぃ(笑)
Posted by mellon at 2010年04月16日 07:56
mellonさんコメントありがとうございます。

私も同じように思っていました。
今も基本的に同じなんですが、亡くなった私自身は
お墓にいると思って頂いたらそこにいて、天国で
幸せに暮らしていると思われればやはりそこにいる。
思って頂いた人の中にいることだってあると。
もし私のお墓がこんなところにあって、ここなら
tomohiroは景色よくて一日中喜んで写真撮ってる
かもなと思って頂いたら・・撮っているんだと。
亡くなった後ってそうなんじゃないかと思っています。
Posted by tomohiro at 2010年04月16日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]