2010年07月02日

E-1というカメラ


shimazaki100630F.jpg
OLYMPUS E-1 ZD14-54mm

なんだか久々に蝶それも黒アゲハの写真を撮った気がする。
確か3年程前に彼岸花と一緒に撮った以来じゃないだろうか。

E-1を手にしたのも久々だった。
正直に言おう。私にとって現時点で好みの写真が撮れるのは
E-1の方だし、手にした時の信頼度も意外かもしれないがE-1の方が
上である。カメラの作りが1ランクE-1の方が上だということ。

個人的な好みもあるけど、E-1はRAWでも殆ど弄る必要がない。
好みに応じてシャープを効かせるぐらい。
諧調性は批判を恐れずに言うとD700より良いと思う。

反面D700は、結構RAW現像で苦労している。色も結構回している。
しかしD700の良いところはどんなに弄ってもそれに耐えてくれる
素材の強さがある。だから攻めてなんとか自分の写真に仕上ようと
努力しようとするし、それに応えてくれるカメラだ。

それに撮影環境への対応力が凄い。AFも強いし、やはり高感度に強い
ことは非常に助かる。

E-1とD700は我ながら良いコンビだと思う。
自分を成長させるためにD700をメインで使い、レンズも当分は
24-70mmと70-200mmと60mmマクロの3本で頑張る。
クセ玉の単焦点レンズが欲しいがそれは・・今は封印。

posted by tomohiro at 15:53| Comment(6) | E-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
人間もカメラも完璧はないですね(笑)
マウント違いは維持が大変だけど、
マウントでさえも1つでは
同様に全てが補えないんだよなぁ。

蝶はファインダーを通してみると
その美しさに心がトキメキます ^^
Posted by hide at 2010年07月02日 16:18
hideさんコメントありがとうございます。

そうカメラも人間も完璧じゃないから面白いんですよね。
でも何故か完璧を求めてしまう。愚かものですね。

確かにファインダー越しに見る蝶の羽ばたきは
綺麗ですね。音も無く軽やかに。
Posted by tomohiro at 2010年07月02日 16:45
どうも こんばんは。
E-1カット続きですが,ZD14-54mmとの組み合わせはイイですね。
セミマクロ的に使えるし,撮り方によってはボケもまぁまぁ・・。
広角域でも歪みが少ないので,重宝しますね。

>カメラの作りが1ランクE-1の方が上
ふむふむ・・(と,頷く)この造りは独特ですから・・ねぇ。
シャッター音もカワイイし?(^.^)
3式から普通? のボディになっちゃったし…できれば
次はまたE-1みたいな仕上げだと嬉しいんですが。
Posted by sada at 2010年07月02日 17:58
sadaさんコメントありがとうございます。

E-1はともかく、ZD14-54mmは良い意味で凄く普通の
描写をしてくれる安心して使えるレンズですね。
仰るとおり、寄りに強いことも大きな魅力です。

自分は3式も好きなカメラですよ。確かに大きく
重くなりましたが剛性が高く、出てくる画もとても
クリア且つ、色乗りも良いじゃないですか。
ファインダーも広いし、AFもGood!でも次機種は
動画などは他のモデルに任せて内蔵フラッシュも
とって液晶も固定にして・・・E-1になっちゃいますね(^_^;)
Posted by tomohiro at 2010年07月02日 20:19
とかなんとか言いながら、流れは要するに「花と蝶」ですよね。(笑)
わたしは、そうなりたくなくて必死で「鳥と蝶」にしたのを思い出しました。
どうしても春からは花の写真って増えますね。
花好きじゃないのに、自分のブログ見て驚いちゃいました。

納得の道具で遊べるなんて、素晴らしい状況ですね。
でもカメラってデカくて重いのが・・・、ちょっと苦手。
Posted by iwamoto at 2010年07月03日 09:18
iwamotoさんコメントありがとうございます。

アハハ(^_^;)厳しいですね〜
自分は、花は好きですよ。とは言っても殆ど名前
知りませが(爆)
花を含め、生き物を撮るのが好きです。

確かにカメラに関しては贅沢させてもらってます。
でもD700は趣味よりも仕事の投資として導入した
カメラなので結果を出さなくてはいけません。
Posted by tomohiro at 2010年07月03日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]