2010年09月29日

Velvia 藤崎神宮例大祭(最終回)

長く続いた例大祭シリーズもこれが最終回。
途中、サーバー容量の関係で中断し間延びしたことをお詫び致します。

最後は、α-7+AFZOOM100-300mmでVelvia100Fを使っての写真です。

film1.jpg


film2.jpg


film3.jpg


film4.jpg

1枚目など黒潰れが多いのは、実際私の露出設定ミスで、スキャンの問題ではありません。
安物の100-300mmで撮った割には思った以上に撮れていたので驚きました。

発色についてもVelvia100Fらしく、適度に高彩度でスライドを生でみたような透明感滑らかさは
ありませんが、特徴は良くでていると思います。
これなら同じ70-200F2.8で撮ればかなりの出来が期待できます。(F100あたりが・・・)

さて、今回馬さんに焦点を絞って撮影してきましたが、馬の勇ましさを感じながらもその一方で
馬さん達の本音はどうなんだろうと考えてみました。伝統ある大祭であり、伝統行事です。
しかし・・・馬さんは、辛くないのだろうか・・今回の写真の何枚かに悲しそうな目が
写っていたことに気付かれたでしょうか。

神事ですから、祭りの前後には馬さんに対して深いお礼を気持ちを捧げておられることかと
思います。そしてわたしもこうして撮らせて頂く事が出来ました。
馬さんに対して感謝の気持ちと申し訳ない気持ちを忘れないようにしなければなりません。







posted by tomohiro at 06:41| Comment(6) | α7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
臨場感のあるお馬さんのお写真ですね。
凛々しい姿に、勇ましさも感じます。
でも、お馬さんは悲しい目をしています。
本来は自然の中で、
自由に走りまっわっている姿が似合いますよね。
お馬さんに生まれてしまった運命でしょうか。。。
Posted by あき at 2010年09月29日 12:24
こんにちは。

気温が寒くなってくると
リバーサルのコッテリが美味しくなります ^^
シビアな露出決定が要求されるけれど
やはり決まったときの色彩は圧倒されますね。

人類は一番強くて自分本位な生き物だから
多少の自然破壊や動物虐待は許されるのでしょう(悲)
Posted by hide at 2010年09月29日 16:49
あきさんコメントありがとうございます。

やはり、あきさんにも悲しい目に見えましたか・・・
でもこれは結構シビアな問題で自然に生きてる野性の
馬、動物達が幸せとも限らないんです。本来の姿でも
あってもですね。野生の動物は毎日生き残ることに
必死だと思います。

それに対して、この馬さんやペットは、身の安全を
基本的に確保され、食べ物に困ることなく、
人とコミュニケーションをとりながら安心して生き
ているんですよね。

それでも・・悲しい目に見えるのは何故でしょうね。
Posted by tomohiro at 2010年09月30日 06:43
hideさんコメントありがとうございます。

最初スキャンして出てきた画にびっくりしました。
どうもvelvia系はスキャンすると赤被りを起こす
ようで、人の肌の色がコッテリいい色に焼けて
おりました。(^_^;)

フォトショでカラーバランスのシャドー側の赤を
-20ぐらい抑えてあげることで大分スッキリしました。

それでもD700のクリアな写真とはまったく違う
表現をしてくれるなと思いました。これでもし
同じレンズだったらどうだっただろうと考えて
しまい、期待もしてしまいます。
(F100あたりだと結構安いんですよね・・・・)

この行事に参加している方は、馬に対して虐待
しているとはまったく思っていないでしょうね。
感謝や労いの気持ちはあっても・・・

どれだけ気持ちが通じ合っているか判りません。
それでも・・それも人間本位の考え方でしかない
とも言えるんですよね。

人間は他の動物とコミュニケーションをとろうと
しますが、それ自体自然界では不自然なこと
なんでしょうね。人間ってなんなんでしょうね。
Posted by tomohiro at 2010年09月30日 07:02
こんにちは・・ありゃ、2マウント体制だったのですね。
(望遠2セット、お疲れ様でした。パワーお持ちで・・)

ミノルタ・レンズ、ちょっと背景ボケが…ですけど、
立体感もあるし、いま見てもイイ写り方しますね。
中古だと爆安? で手に入りそうですし、コスパは抜群かも。
お書きのように、F100(F5?)を追加なさって・・とか・・ピピー!(省略。

馬たちはこのお祭りに出る為に飼われているのでしょうか。
中には、嫌がる馬もいるのでしょうけど・・ただ、他に生きる術がなければ・・(悩。
Posted by sada at 2010年09月30日 08:56
sadaさんコメントありがとうございます。

一応2マウントでしたが、α-7も100-300mmも
超軽量ですので、Fマウントレンズフル装備より
全然楽です(^^♪

確かにボケが汚いですよね。でもあの値段ですから
文句は言えません。ちなみに200mm制限です(^_^;)
買うならF100ですが・・今は無理ですね。

撮影中となりにいた方が詳しかったので聞いてみたら
普段は阿蘇の牧場にいたり、十勝のばんえい牧場
(ちょっと信じがたいのですが)で過ごしているそうです。
確かにそういう運命のもとに生まれてきた子ですからね。
食肉用よりは幸せかもしれません。
Posted by tomohiro at 2010年09月30日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。