2010年11月11日

熊本の街・昼の顔


zara101110.jpg
GR-DIGITAL


zara101110C.jpg


zara101110D.jpg

熊本のメインアーケード。
平日の昼間は、営業マンや、若い学生が殆どで平和な風景。
しかし、これが夜になると大きく変化する。
ミニ歌舞伎町のようなちょっと危険な香りがする夜の街に変わる。
(メイン通りは、大丈夫ですが・・・)

しかし、その写真を撮るのは結構勇気がいる。
GR-Dならともかく、D700なんて使えない。
でも撮りたくなる光景が広がる。

戦場カメラマンの渡部陽一さんを尊敬します。


posted by tomohiro at 07:38| Comment(6) | GRD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

渡部陽一さん、私も尊敬するし人柄が好きです ^^
バラエティ出演も良いですが、
彼本来の仕事をもっと見てみたい。

日常のスナップもハマると楽しいですね。
プライバシ問題を気にしだしたら楽しめませんが ^^;
Posted by hide at 2010年11月11日 11:03
hideさんコメントありがとうございます。

渡部陽一さん、最近ちょっと露出しすぎなような
気もしますが・・これも撮影資金になるんでしょうね。
出来ればその本業の撮影に密着ドキュメントを
やって欲しいのですがそれこそ彼の命に拘ること
ですから、彼の活動は、その写真で見ていきたいと
思います。

でもいつも思うのは、彼の家族の理解あってのこと。
奥さん、子供が偉いですね。
Posted by tomohiro at 2010年11月11日 11:23
彼の話し方、独特ですよね。
でも、氏の撮る写真を見るのは好きです。
なんだかこう、その場にいるような、臨場感が感じられるのですよね。

GRDいいなぁ。
今、ちょっとコンデジを新調しようかと思っているのですが…
R8の発展系CX4あたりにするか、それともGRD lllか、はたまたDP1xか、まさかのDP2sかと、色々妄想しています。
Posted by KUZU at 2010年11月11日 21:53
こんばんは。
街撮りはよくします。
銀座ど真ん中とか、下北沢の怪しげな裏道とか(笑)。
でも『危険な香りのする夜の街』は未知の世界……。
写真以前に、さすがに一人で乗り込む勇気もなく、足を踏み入れたことがありません^^;
一応、女の子(?)ですしw

スナップは風景などとまた一味違って、楽しいですよね〜♪
街撮りの場合、小さいカメラ(PEN Liteとか)のほうが目立たずサクッと撮れて
いいのかなと思っていたのですが、一歩間違うと隠し撮りと誤解されかねないので
難しいところですよね。
私はデジ一で結構堂々と撮ってしまっています。
子供の後姿とか足元とか撮りたい時は、ママやパパにお願いすると、
たいてい快くOKいただけます^^
夜のアヤシイ(嘘ですw)街の撮り方は……うーん、これから学んでみましょうかね(笑)。
Posted by 弓月真比奈 at 2010年11月11日 23:59
KUZUさんコメントありがとうございます。

渡部陽一さんは、恐らく想像よりかなり過酷な
戦場での撮影をされてると思いますがその苦労を
アピールすることなく、自然体で笑顔で対応する
真摯な姿に凄く好感が持てますし、撮られた写真も
変な演出が無く、真実をそのまま切り取ったようで
臨場感というかリアリティを感じます。

今回のGRDの写真。実は、例のSILKYPIXのテイストを
使っています。jpegからの加工です。
1,2枚目は、クロスプロセスのイエロー。
3枚目は、ある方のオリジナル 鉛ライツ。

遊び感覚で色んなテイストを試してみましたが、
結構面白いです。
特にこの2つは好みで、これから使えそうです。
Posted by tomohiro at 2010年11月12日 07:22
真比奈さんコメントありがとうございます。

街撮りスナップは自分大好きで、歩いてると
魅力的な方が結構いて、撮らせてもらいたくなるの
ですが小心者で中々声をかけれません。
特に女性は、無理ですね。変な人と思われたくない
という防衛本能が・・・・

これが夜になると、女性に限らずかなり個性的な
癖のある人たちで溢れていて撮りたい衝動に・・
しかし、そのハードルは、更に高くなるわけです。

ですから、先月のSTREET-ART-PLEXのボランティア
として堂々と魅力的な方を撮れるのは最高に幸せでした。

別に疾しい気持ちは無いので堂々と声をかけて
撮らせて下さいと言えばいいんですよね・・・・


Posted by tomohiro at 2010年11月12日 07:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]