2011年03月10日

光と影

kokai110309B.jpg


kokai110309C.jpg

写真は、昨日に引き続き 子飼商店街

昨夜、ベストハウス123で渡部陽一氏がゲストで戦場カメラマンについて紹介されていた。
最近あまりにも彼の露出が多く、中には彼のポジションとはまったく関係の無い番組にまで
出られることに違和感を感じる時があるが、これも彼が本来の目的を達成するためだと思うと、
不思議と納得できる。彼の持っている人柄によるものも大きいだろう。

番組内容は、期待以上のものだった。ロバートキャパの話も出たが、とにかく戦争というのは、
人間の縮図がそこにあるものだと感じた。渡部氏もきっとそこに魅力を感じているのだろう。
人が人である以上、戦争はなくならないと思うが、なくなることを願う気持ちは、大事だと思う。

光と影
光射すところに必ず影が出来る。
色んなタイプの戦場カメラマンがいるだろうが、渡部氏は、戦争の影の部分にスポットを当てた
写真が多いように思う。影が陰とは限らない。戦争では陽であることもある。
本当の真っ暗な部分は写真に収めることが出来ないかもしれない。
でも彼の心にはしっかりと残っているのだろう。それが彼の原動力かもしれない。

私がこれから撮っていくであろう写真は、戦場カメラマンが撮る写真とは遠いところにあるものが
多いと思う。でも色んな意味で光と影で表現するということは共通するものだと思う。


posted by tomohiro at 10:16| Comment(6) | GRD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハジメマシテ。
iwamotoさんのブログからお邪魔いたしました。

光の中から影を...
影の中から光を...

その加減とバランスがとても難しいですが、
それもまた写真の楽しみ方だと思います。

偉そうに言ってすみません。

光と影って人の心の中にもあって
程よいバランスを取って生きていくのが難しいですね。

光の中から影を...
影の中から光を...

人生もまたそんな感じなのかな^^
Posted by Hinata at 2011年03月10日 10:42
Hinataさんはじめまして。
コメント頂きましてありがとうございます。

自分は、光と影を写真で強く出せないでいます。
それは、技術的な部分も勿論あるのですが、
そこまで明確に表現できるまで被写体と相対して
いないからだと思います。そして勇気ですかね。

写真ってそういう部分が出ちゃうから面白いし
怖いんですよね。
人生そのものかもしれません。

光あれば必ず影ありと心から思えれば、
不器用でも強く生きれるかもしれません。
ありがとうございました。


Posted by tomohiro at 2011年03月10日 11:27
こんばんは☆
レトロな商店街ですね。
普段目にする商店街とはまた違ってます。

渡辺陽一さんってTVを見ていると
頻繁に登場しますよね。
でも、戦場に写真を撮りにいくためには
費用がかかるのでと言っていたのを聞きました。
それも光と影でしょうか。
Posted by あき at 2011年03月10日 22:24
あきさんコメントありがとうございます。

確かにちょっと変わった雰囲気を持っています。
とてもいい感じですよ。

それも光と影でしょうね。ただTVに出ている時が
影とも限らないと思うんです。
彼は、TVに露出することで、1人でも多くの人が
戦争のことに関心をもってもらうことが出来ると
考えてるようです。そういう意味では光でしょうね。

どんなことも悪い意味ではなく裏と表、光と影が
あると思います。



Posted by tomohiro at 2011年03月10日 23:10
わたしが生まれてすぐに朝鮮戦争が始まりました。
父はその取材に出掛けようとしたらしいです。 で、やっとのことで周囲がそれを抑えたんだとか。 なんせ、生まれたばかりの乳飲み子が居るわけですからね。 報道しなくてはならないものを感じていたのでしょうが、父が死んでいたら、わたしの人生は大きく違ったものになっていたことでしょうね。
渡部さんも、安全には充分留意して頂きたいです。 彼は違う方法で戦争を止めさせる力を得たのだし。 
Posted by iwamoto at 2011年03月11日 12:38
iwamotoさんコメントありがとうございます。

そういうことがあったのですか・・
彼も今回紹介した番組で何度も言ってました。
『安全第一』にと。
戦場に渡航する前に色んな根回しや、現場で強い立場の
ボディガードを雇ったりと自分の命を守るために
出来る限りの策をお金をかけてやってるそうです。

光と影も命あってのことですからね。
生と死も表裏一体。だからこそ生を大切にしないと
いけませんね。

Posted by tomohiro at 2011年03月11日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]