2011年03月20日

続・コンクリの教会


kyoukai110319.jpg

なんだか凄い色ですよね。下の方も面白いことになっています。
お気付きかと思いますが3月18日の記事からの写真は、久々にα-7とSAL50F18で
フィルムには、KODAKのEktar100を使っての撮影をしたものになっています。

気分的にちょっとアナログに接したくなったもんで。でもスキャンですけどね(^_^;)
まだプリントしていなので本来のこのフィルムの発色傾向がどうなのかわかりませんが
スキャンした画を見る限り、いい感じです。しかし、この教会の写真だけなんで
こんな色になったのかちょっと不思議なんです。何度スキャンし直しても一緒でした。

この十字架が今凄く重く感じます。私は、キリスト教徒じゃありませんが、
重さを感じることは出来ます。

ちなみに昨日の犬ですが、さっき見に行ったら居ませんでした。
やはり家は、人が住んでいる気配がありません。野良犬だったのでしょうか。
近くなので気にかけてこれからも見ていこうと思います。



posted by tomohiro at 13:31| Comment(6) | α7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗ですね。 現実との違いは分かりませんが、素材である被写体に魅力があることは伝わってきます。
他の写真も見せてください。

犬は、居ませんでしたか。
Posted by iwamoto at 2011年03月20日 17:58
iwamotoさんコメントありがとうございます。

こういう不思議な色合いになったのは、これ1枚
だけなんですよ。あと1枚横から撮った写真が
あるのですが凄く平凡な写真で(^_^;)

まるを撮った写真があるので、この後アップします。

犬さんは、これからも気を付けてみていきます。

Posted by tomohiro at 2011年03月20日 19:03
意図しない画が出てくるからフィルムって面白いですね!
Posted by yaaaful at 2011年03月20日 19:48
yaaafulさんコメントありがとうございます。

うん。確かにそれが面白いんだけど、今までは
それで満足してたんだけど、これからは、何故
そうなるか理論的に理解して、狙って出せるように
ならないといけないんだよね。
そういう領域を目指すと決めちゃったんでね。

Posted by tomohiro at 2011年03月20日 20:13
こんにちは。

幻想的なものが幻想的に写りましたね ^^

工業品は設計図通りに形にしないダメだけど
芸術品は狙い通りにいかない方が私は好きです。
プロの作品はそれでは通用しないのかな。。
Posted by hide at 2011年03月21日 08:11
hideさんコメントありがとうございます。

自分の中で、先生に言われたことをまだ消化出来ずに
いますので、うまく説明出来ないのですが、
自分がこの教会を見て幻想的に感じたのであれば
良いのですが、実際は、枝木の奥に静かに立つ
教会の雰囲気、空気感を出せればと思っていて、
実際出てきたこの写真とは違うんですよね。

狙い通りにいかないのが写真の深さだと思うのですが
やはり自分が感じたことを表現出来るようになりたいと
思っております。
今回の現象は、直射光を入れたことと、レンズが
本来APS-C用であることが要因だと思っています。
しかし、このように白くケラレが出るのは初めて
みました。内部反射ですかね。
Posted by tomohiro at 2011年03月21日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。