2011年04月29日

朝シャワー

kuu110429C.jpg


kuu110429A.jpg


kuu110429B.jpg


今朝、く〜ちゃんの飲み水を換えてあげたら、いきなり水浴び始めたので、慌てて、ベランダに出して
霧吹きシャワーでこんなになっちゃいました。く〜の羽は、殆ど水を弾かずずぶ濡れになります。
(いつも隠れて見えない鼻の穴が見えていますよ♪)

一方 まるちゃんは・・・

maru110429A.jpg


maru110429B.jpg


実は、これでも まるも霧吹きシャワー後なんです。判りませんよね。
まる(オカメインコ)の羽は、脂粉がいっぱい付いて水を弾くため、どんなに霧吹きで水をかけても、
く〜ちゃんみたいに羽が濡れることがないんです。

本来自然の中で生活する環境の違いなのかもしれません。
ちなみに、文鳥のチビもびしょびしょに濡れていました。




posted by tomohiro at 14:44| Comment(4) | Nikon D700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
鳥については知らないことばかり。
不思議です。 こんなに違うんですね。 鳥の羽根はみんな濡れないものかと思い込んでいました。 言葉で言うと、水鳥は濡れないということでしょうか。 でも、濡れてビショビショだと飛べないと思うので、この辺が気がかりです。

どうしても小さいものなので、鳥は怖くて(笑)
Posted by iwamoto at 2011年04月29日 22:28
またまたiwamotoさんのブログに御邪魔している
時にお越し頂いたみたいですね(^^♪
いつもありがとうございます。

羽の水の弾きの違いが脂粉の有無にあるのは、解って
いたのですが、そもそも脂粉ってなんだろうと思い、
ちょっと調べてみました。

脂粉とは、ある特定の鳥の全身にある特殊な、
粉綿(ふんめん)羽という凄く小さな羽根から
だされるもので、これで、汚れや水を弾く仕組みです。
まるのオカメインコの他には、ハト、サギ、フクロウが
その特徴があるそうです。

一方、く〜のような脂粉が出ない鳥は、尾羽の
つけ根にある尾脂腺(びしせん)から出る分泌物を
自分で嘴を使って羽に付けているんです。

水鳥は、意外と殆どがその種類になります。
鳥が羽繕いをしているのは、そのためです。

そういえば、まるは水浴びしても羽繕いしてません。
勉強になりました(^^♪

Posted by tomohiro at 2011年04月29日 23:21
こんばんは。
く〜ちゃんに何が?!とびっくりしました(笑)。
ホントにびしょびしょ。
いつも毛がふわっとしていると、水に濡れたときなんとも情けない(可愛いらしいという意味でw)姿になりますね。
鳥でも犬でも猫でも熊でもいっしょ。
でも、まるちゃんは涼しいお顔でいつもと変わらず。
まるちゃんの羽はこなこなしてるんですね。
おもしろいですねえ。
Posted by 弓月真比奈 at 2011年04月30日 02:20
真比奈さんコメントありがとうございます。

いつものく〜ちゃんとは違うちょっと情けない
状態ですもんね(^_^;)
それに今回コメントしておりませんが、この時の
く〜は。強烈なスメルを放っております。

一方まるは、ご説明しました通り、したのかしないのか
判らない状態で、しても意味があるのかな?と思う
時もありますが、しないと脂粉が溜まって皮膚炎に
なったりすることもあるので必要なんです。

それでも脂粉の量は凄く、いつも空気清浄機が
回っております。PCの掃除も大変です(^_^;)

Posted by tomohiro at 2011年04月30日 06:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]