2014年09月06日

突き抜けたい




tukinuke140906.jpg

こんな感じで、 ぎゅ〜んってね。
でも下で縛れれてるみたいな(笑)
最近、なんだか叫びたくなります。

ただ・・叫ぶ言葉が見つかりません。
それが今の自分を象徴しています。


posted by tomohiro at 22:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
広角路線ですね。
これは亜鉛の結晶? どうなっているのでしょう。
金属製のポールですか。 天辺のところ、素晴らしい描写ですね。

サスのベルトを入れた方が良いのか、たぶんわたしも入れたでしょう(笑)
Posted by iwamoto at 2014年09月07日 08:23
iwamotoさん
コメント頂きましてありがとうございます。

最近、行方不明になっていたGRDが出てきまして、
それを手にしての通勤途中でした。このカメラは、
片手で全ての操作が出来るところが素晴らしいです。

やっぱり亜鉛コートですよね。それにしてもどうして
こんな模様になるのか分かりません。
機能上のためか、美観上のためか、私は、気に入りました。

ベルトを入れるか入れまいか大事でした。
両方撮って、やはりこちらでした(^^)

Posted by tomohiro at 2014年09月07日 09:21
最初見た時、発毛剤のイメージ画像だと思いました。
コレってtomohiroさんが撮影なさったものなのですか?
ビックリぃ〜

どこまでも伸びる真っ直ぐな髪の毛。
天高くすっくとのびる髪の毛。
表面ツヤツヤでダメージもなし!

「ああ〜この発毛剤効きそうだわ〜!」

iwamotoさんとtomohiroさんお二人が
構図について高度な話をなさっている横で、
こんな事を考えているワタシ。

ああでも駄目です。
一度髪の毛に見えたらそれ以外のモノを脳がシャットしてしまいます。

なので私の中でこの写真のお題は・・・
「突き抜ける髪の毛」 
デス。

ゴメンにゃさい
Posted by paoまま at 2014年09月09日 15:34
paoままさん
コメント頂きましてありがとうございます。

その発想力が欲しいです。
『突き抜ける髪の毛』がこの写真のタイトルだったら、
立派な作品になったかもしれません。真面目に。

確かに美しい荒れていないキューティクルに見えますね。

この写真は、GR DIGITALというコンデジで
撮っているんですが、広角で2cmぐらいまで
寄れるんです。だからこんな面白い構図の写真が
撮れるんですよ。これを一眼レフで撮ろうとしたら、
相当難しくなります。面白いでしょ(^^)


Posted by tomohiro at 2014年09月09日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]