2014年09月19日

小出しの魅力


muu140919A.jpg


他の猫もそうかもしれないし、違うかもしれないけど、
ムーは、猫らしい魅力を小出しにしているように感じる。
またそれ自体が実に猫らしいと感じる。




muu140919B.jpg


muu140919C.jpg


今までずっと部屋にあったけど、一度も入ろうとしなかった。
それが今日、これだ。
ま〜明日また入るかどうかわからないけど(笑)

私は、普段、多くの犬と接している。
彼らは、人間が好きだ。それは私の想像を超えていた。
積極的に繋がりを持とうとする。
そして依存しようとする。この感覚は、人に近い。
だから長年よきパートナーとして愛されていると思う。
集団生活をする動物の特性からだろうか。

猫は、違う。
なんというか・・・・
自由である。
それは甘えることもあるけれど、
犬のそれとは違うような気がする。

犬も猫も、そして鳥も人間とは違う。
そこに魅力がある。
だから共に暮らすことは色々と難しい。

あら、小出しというタイトルから大きく
話が逸れてしまった。
ま〜それもいいだろう。

ムーは、ゆっくりと、じわじわと猫の魅力を
小出しにしてくる。
それは、私達との信頼関係と比例してのことであることを
望んでいる。それもまた人間のエゴなんだけど。




posted by tomohiro at 22:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人が望むネコの在り方、というのか、とにかく関係が熟成するということはありますね、それに向かってゆく。
そこのところを小出しと感じるのかもしれません。
関係が出来てゆく、互いの安心マークの付くところが確認されてゆく。 広がってゆく。
Posted by iwamoto at 2014年09月19日 23:11
iwamotoさん
コメント頂きましてありがとうございます。

肯定して否定して・・いつもの迷走モードの
記事で恐縮です(^_^;)
関係が熟成する方向・・さすがです。
その通りですね。
多分、今の私の行動で安心レベルがちょっと減った
かなと思うことも度々あります。
私が大人げない部分があるからなのですが、
そこは、ある意味お互い様でしょう(笑)

ゆっくりとでいいので、楽しみながら関係を
築いていけたらと思っております。

Posted by tomohiro at 2014年09月19日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]