2015年04月26日


覚えて頂けてるだろうか。例の陸橋。



daniyama150426A.jpg

工事は、たぶん予定通り進んでいるようで。
当たり前だけど、ちゃんと通るようだ。




daniyama150426B.jpg


これを見て私の想像からズレていたことがる。
・意外と薄い。
・弧を描いている。


daniyama150426C.jpg


この通り、路面電車も問題なく通過できている。
この通過部分は、橋の始まりと同じか、寧ろ若干高くなっているようだ。
そこから滑らかに降っている。


daniyama150426D.jpg


このジョイントがこの陸橋の鍵だろう。建築物は、まったく無知だが、
ここはかなり工夫の跡が見えたような気がした。
この橋の設計は、どの程度の難易度なんだろうか。
自分が設計した橋がこういったカタチで残るのはエンジニアとして嬉しいだろうな。



posted by tomohiro at 19:16| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このような工事が、途中で「ここが変」なんてことがあってはなりません。
やや窮屈ではありますが、これなら機能するでしょう。
今は、薄い橋が作れるようです。 アーチ状なら尚更。
アーチの発見は奇跡をもたらしたと思います。

折り返し階段の囲い、図形的の面白いですね。
Posted by iwamoto at 2015年04月26日 21:35
iwamotoさん ありがとうございます。

ま〜プロの仕事ですからね。シロウトが見て
破綻してたらヤバイですよね。
それにしてもそこに目が行きますか(笑)
撮ってる時も、撮った写真を見た時も
そこに目がいきませんでした。
iwamotoさんの方がやはり、頭が柔らかいです。




Posted by tomohiro at 2015年04月26日 21:49
わたしが、ドラマティックな現場を見ていないからでしょう。
形や色を純化して見る練習はしていますので(笑)
本質を感じてないと、言われればその通りですが。

希少ではありますが、わたしの美術家としての素養とお考えください(笑)
Posted by iwamoto at 2015年04月26日 22:55
iwamotoさん
先日テレビで、印象の強い被写体があると、その周囲に対して盲目になるという話題が出てました。
その題材は、胸の大きなビキニの女性でしたけどね(笑)
見事に私には見えませんでした。
それに近いものかもしれません。
でもそれでもふと周囲も見てみることが、新しい
発見にもなるんですよね。


Posted by tomohiro at 2015年04月27日 07:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]