2015年05月09日

列車の旅2


間が空いてしまいましたが、続きを。

hitoyosi150505K.jpg

八代駅から、東へ、球磨川沿いを走ります。
残念だったのは、席の窓が開かなかったこと。
ここから見る景色は、最高なのですが、安全対策でしょうね。
ということで、子供のように列車の先頭から撮影しました。



hitoyosi150505L.jpg


hitoyosi150505M.jpg


途中ここで、川を渡ります。このあたりが、急流っぽいですが、私の子供の頃の
記憶より流れが緩やかになった気がします。途中堰き止めされてるところも
あったので、その影響かもしれません。自然は、神様と同じく怖い面があるので、
共存というのは、なかなか難しいですね。

hitoyosi150505N.jpg


これは、席の窓越しでの撮影です。もっとクリアな景色なんですけどね。
でも緑の強さ、大きさを感じました。


hitoyosi150505P.jpg


3両編成の列車ですが、ちゃんと車内販売もあります。
時間がお昼なら、駅弁食べたかったんですけどね。


hitoyosi150505Q.jpg


あっという間に、終点の人吉駅に到着。
ホームでは、名物の駅弁売りのおじさんが、定番のスタイルで
販売されてました。鮎寿司や、栗飯が有名です。


hitoyosi150505R.jpg


右側は、普通列車です。なかなか素敵な光景です。


hitoyosi150505S.jpg


折り返し熊本、大分方面へ向かいます。
今回、一番のお気に入り写真です。
撮り鉄さんのお気持ちが少し解った気がしました。




hitoyosi150505T.jpg


人吉駅は、こんな感じです。城下町という雰囲気ですね。


hitoyosi150505U.jpg


おじさんが売ってた駅弁のお店の看板です。
汽車・・・・
そう、こちらでは、JRのことを汽車と呼ぶ人が多いです。
熊本市に市電があり、それを電車って呼ぶので、それとの
識別っていうこともあるのでしょうが、本物の汽車が走っていた
頃の名残りでしょうね。でもディーゼルは、汽車ですね(^^ゞ

posted by tomohiro at 14:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この前、東京に行ったとき、座れなくて、一番前で目の前の景色を見ていました。
でも、このような写真は撮れなかったでしょう。
球磨川と言えば焼酎と急流下り。
八代には何日か過ごした経験があるので、人吉にも行ったと思います。
電車が並んだ写真、始発終着駅ならではの景色ですよね。
個人的に、門司港駅でお馴染みです。
Posted by iwamoto at 2015年05月09日 20:41
iwamotoさん
ありがとうございます。
実は、ココ。ただの前じゃないんです。運転席に
入るドアの中なんです。ちょっと躊躇しましたが、
進入禁止にはなっておらず、運転席は、一応、更に
別BOXになってますからね。でも注意事項として、
運転手に声をかけないでくださいとのことでした。

急流下りは、一度経験がありましてまた体験したいと
思うのですが、あれかなり高いんですよ。
今回は、安い電車の旅ということで(^_^;)
球磨焼酎は、次回出てきます。

人吉からは、南に下り、鹿児島に入り、以前住んでいた
隼人町駅が、肥薩線の終点となります。

門司港駅にも行きたいんですよね。

Posted by tomohiro at 2015年05月09日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]