2015年05月11日

列車の旅3


さて、人吉駅からどこへ行く?
実なノープランでした(^_^;)
観光ガイドマップを見ながら、ここいってみようか?って。


hitoyosi150505V.jpg


球磨川にかかる橋をわたりながら、のんびりぽくぽく散歩。




hitoyosi150505W.jpg


まずは、やはり球磨焼酎でしょう。ということで、
人吉駅から比較的近い、繊月酒造へ。こちらは、予約なしで見学が出来ます。



hitoyosi150505X.jpg


こんな感じです。どうです?
イメージ通りですか?私は、ちょっとアレ?って感じでした。
いや、普通の工場って感じだったんです。
清潔感は、あるのですが、それを演出しようとする気配はなし。
かと言って手作り感を醸し出してる感もなく。

ちなみに写真右手から、ここで米を炊いて、隣の樽で、麹を造ります。
職人さんが混ぜてるところです。
次のタンクで、原料と混ぜて醗酵させます。
この後、写真にはありませんが、それを煮て蒸留して、焼酎の原酒が
出来上がり。繊月では、それをウイスキーのように樽で寝かせたものもあります。

この後、お楽しみに試飲コーナー!!
申し訳ありませんが、写真は、ございません。
だって真剣に飲まなきゃいけないで(笑)。
ここでしか飲めないものも含め、全種類口にしました。

それで確信したこと。
米焼酎は、基本スッキリ辛口。
普段、芋を飲んでるからそう感じるのかもしれません。
しかし、樽で寝かすとそれが当然変わるわけです。
実は、それを今回手に入れました。その焼酎については、
開栓の時にまた紹介致します。これ凄いですよ。

ちょっといい気分になって・・・・


hitoyosi150505Y.jpg

足湯(^^) 人吉は良質の温泉場なんです。
そして繊月酒造では、足湯があるんです。トロトロ柔らかい
気持ちいいお湯でした。



hitoyosi150505Z.jpg


そして、お昼は、ココで。
ここに辿り着くまで、色んなお店へ向かいましたが、
何故か店休が多かった。日曜日に休むか?それもゴールデンだぜ!?
と、思いましたが、昔は、どこもそうだったよなと。
これもまた、田舎の良さかと。

そんな中、この店、お客さん満員。
みんなのお目当ては、餃子。
確かに美味しかった。ニラとネギが
メインで、皮がモチモチ・サクサク。
何個でもイケそうでした。

店内も料理の写真もありません。
相席で混雑してましたし、真剣に食べないと(笑)


この後、国宝の青井阿蘇神社へ行きました。
写真は、なんだかいい写真が撮れなかったので、
ノーアップ。でも素晴らしい1200年の重さを
感じるところでした。

さて、次回で、列車の旅も終わりです。
期待していなかった凄いやつと出会いました。

posted by tomohiro at 22:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人吉ギョーザ?
そういえば、聞いたことあるかも。
お酒は、樽で寝かすと、変わりますよね。
楽しみです。
Posted by iwamoto at 2015年05月13日 22:36
iwamotoさん
ご出張先からのコメントありがとうございます。

仰ってましたよね。
2,3軒美味しいところがあるようです。
私は、餃子とラーメンを頂きました。
ラーメンは、とんこつでしたが、ちゃんぽんに
近く、野菜の旨味が出た優しい味でした。
偶然入った店でしたがアタリでした(^^)

お酒は、なかなか開けれません。
ちょっと特別感があるんですよ(笑)


Posted by tomohiro at 2015年05月14日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]