2015年06月21日

新居と新主食



kuu150620A.jpg

ムー『あれ?く〜さん引っ越ししたの?新築じゃん!』

く〜『そうなのよ〜♪下の土台が割れちゃってね。ちょっと危ないからってことで』

ムー『でも、ちょっと狭くなってない?』

く〜『そうなのよ(●`ε´●)トモチロが寸法を見誤ったんよ!でも、案外エエ感じ♪』

く〜のケージ。実は、7年前に天国へと飛び立った白文鳥のチビのおさがりでした。
ちゃんとく〜のケージもあったのですが、何故か錆びてボロボロになってしまって、
その後、ずっと5年ほど使ってきました。チビの世代から約20年頑張ってくれました。

さて。どんな感じかな?


kuu150620B.jpg


お気に入りの天然止まり木は、そのままだよね。


kuu150620D.jpg



kuu150620K.jpg

く〜は、凄く順応性が高く、新しい家にも直ぐに慣れてくれました。
それにしても、ムーのく〜さんへの愛は、凄い(笑)それって純愛?それとも・・・


実は、たまたま同じタイミングになったのですが、く〜にある異変が起こりました。
長年ずっと食べてきたペレットを突然食べなくなったんです。ロットの違いで、
味が変わったとか考えましたが、同じパックの途中からでしたし、まるは、同じペレットを
平気でパクパク食べてました。

仕方なく、シード(粟、麻の実、カナリヤシードなど)に変えたら、パクパク。
そのままシードに変えることも考えましたが、シードだと栄養バランスが偏って
いるので、野菜とか食べさせないといけないのですが、く〜は、野菜を食べないんです。

ということで、主食ペレットのチェンジ大作戦を実施。

kuu150620F.jpg

kuu150620G.jpg

kuu150620H.jpg

鳥用のペレットも沢山のメーカー、種類があるんですよ。
その中から良さげなもののお試し版を購入。
さて・・・・食べてくれるかな?


kuu150620C.jpg


kuu150620E.jpg


そうそう!これよ!これなのよ!っていう勢いで食べてくれました。
気に入ったのは、写真の2番目。とてもスタンダードなもので一安心。
1枚目のカラフルなものは、全然ダメ。食べようともしませんでした。
まるも一口食べて、ブルブルしてました(^_^;)

鳥のペレットってその殆どが輸入品で、以前のものは、オーストラリア。
今回のは、アメリカ製です。


kuu150620J.jpg


く〜さん色々変化があったけど、大丈夫みたいだね。強いね。
あなたは、強い。

私も主食を変えてみようかな?人間用のペレットとか?

posted by tomohiro at 10:47| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
く〜さん、お引っ越しでしたか。
順応してくれたんですね、それって、同居の責任者として、とても嬉しいことですよね。 賢い同居者に感謝。

人間用のペレット? ソイレントグリーンみたいな?
そのときは、わたしを食べてください。
Posted by iwamoto at 2015年06月21日 20:53
iwamotoさん
ありがとうございます。

確かにく〜は、賢いです。
ムーと一緒で、寝る時間になると、早く寝かせろと
騒ぎ出します。寝てる最中に騒がしいと怒られます。
餌が足りないと、もっとくれと怒ります。
基本、怒りのジェスチャーですけどね(^_^;)

ソイレント・グリーンとはまたディープな(^_^;)
今の技術なら栄養バランスを適切に考えて作れると
思いますし、それで食の呪縛から開放されればと
思いますが、それは、失うものも大きいですね。
Posted by tomohiro at 2015年06月21日 21:15
こんばんは。
く〜ちゃんは新居を手に入れられましたか。
いつもと変わらない穏やかな顔してますね。

そしてご飯も新しくなったのですね。
突然ごはんを食べてくれなくなって、さぞかし心配なさった事でしょう。
でもお気に入りがめっかって良かったですね。

猫の場合は年齢や肥満度などで色々なタイプの餌がありますが、鳥さんの場合はどうなんでしょうか。
高齢鳥用とか、幼鳥用なんてのがあるのですか?
Posted by paoまま at 2015年06月22日 21:53
paoままさん
ありがとうございます。

鳥にもその種類、大きさに応じて色んなペレットが
あります。猫や犬と違うのは、殆どがドライで、
ウエットタイプは、私が知る限りありません。
でもく〜やまるは、自分でウエットタイプを造ります。
ドライでそのまま食べることもありますが、それを、
飲水に入れてふやかして食べたりします。
Posted by tomohiro at 2015年06月23日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]