2016年06月23日

魅惑の瞳1



今回導入した瞳の中で、私が一番読めていなかったもの。
SIGMA A 60mm f2.8 DN

最近のシグマのレンズの出来は、素晴らしく、Nikonを使っていた時も
手に入れようと思っていたが、縁がなかった。
透明度の高いヌケ具合、高い解像感。
その期待を込めて導入したのが、このレンズです。
120mmは、野外で使うことを主目的にしてましたが、
やはりここは、906チームで。


muu160623A.jpg


いつもより大きめで(笑)
F2.8開放から、シャープな像を結ぶ。期待通りの写り。




muu160623B.jpg


最近接付近での撮影です。少し甘いように見えますが、それは、ピントが薄いから。
逆にボケも自然で柔らかく、コントラストも高いため、立体感を感じます。



muu160623C.jpg


比較として、 NOCTICRON 42.5mm/F1.2でも撮ってみました。
まず、色味が違いますね。そして柔らかい。ムーの瞳には、
しっかりピントがきてますが、コントラスト含め、とても
柔らかい印象です。こうして比較すると個性がよくわかります。




muu160623D.jpg




muu160623E.jpg





muu160623F.jpg



最後の写真が、私がシグマのレンズにイメージしてたものです。
どちらかというと、寒色系で、スカッと抜けるような・・・
でも今日撮っただけでも、色んな顔を持っていることがわかりました。

このレンズは、新品でも2万を切るコンパクトで軽量なんですが、
いや〜いいレンズです。
ということで、明日は、そのまま、Part2としてく〜さん編に続きます。


posted by tomohiro at 21:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NOCTICRONって、持っていたんでしたっけ。
あれ、10万円以上しますよね。

色は、カメラが作る部分と、レンズが作る部分、その見分けがよく分かりません。

あしたの写真が楽しみです。
Posted by iwamoto at 2016年06月24日 11:56
おわ〜ムーさんキャワイイ!
お目目がまん丸だよ〜♪

tomohiroさんが説明文を書いておられますが、
そんなものはすっ飛ばし(ごめんチャイ)
ただただムーさんを堪能するのじゃ!

ああ良いねえ良いねえ。
ふと思った
「私の遺影を撮ってもらおうかしら」(笑)
Posted by paoまま at 2016年06月24日 13:04
iwamotoさん
コメント頂きましてありがとうございます。

前前記事の大きく明るい瞳がNOCTICRONです。
本場のLEICA製は、とても手が出るモノじゃないですが、
パナライカは、仰るように中古でも10万超えますが、
カメラの追加投入を諦められたレンズです。

このSIGMAのレンズとは、10倍近い値段差ですが、
性能は、その価格差は、なく、お互い素晴らしい
レンズだと思っております。

Posted by tomohiro at 2016年06月24日 14:27
paoままさん
コメント頂きましてありがとうございます。

レンズの説明文は、一応新規導入の私自身の記録として
残しているもので、写真自体の出来とは、ある意味
関係ないものですが、ぶっ飛ばして頂いて結構です(^^)

大きい顔の方のムーですが、写真を見て一瞬アレ?と
思ったんです。もしかして白内障?かなと。
ゆっくり瞳を観察しましたが大丈夫のようです。
光の具合でそう見えたようです。

パオちゃん、paoままさん セットで如何でしょう?
交通費だけ出して頂ければ喜んで飛んでいきますよ。

背景は、山の緑でいいですよね?
私は、そんな遺影の写真がいいと思ってます。
Posted by tomohiro at 2016年06月24日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]