2016年06月30日

やんで



長い雨が、お昼にやみました。
カメラを手に出てみると、生き残った者が懸命に。


hachi160630A.jpg


生き残った花をめがけて、
生き残ったクマバチが。
可愛いカラダの毛が濡れています。



hachi160630B.jpg




hachi160630C.jpg


私の存在なんかどうでもいいってほどに、
必死に蜜を吸っておりました。
花にとってもありがたいこと。



chou160630.jpg


しばらく歩くと、今度は、アオスジアゲハが、
懸命に水を飲んでおりました。

今回の大雨で、多くの 鳥 昆虫 魚 蛙 微生物が、
命を落としたことでしょう。
誰も気づかないうちに。

そして生き残ったものは、引き続き懸命に生きている。

そんなことを感じてた私は、懸命に生きていない。



posted by tomohiro at 19:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懸命、ですか、難しいですね。
色んな形があるでしょうし。

綺麗な絵作りですね、スッキリしているけれど、薄くなくて。
こんなに撮れたら気持ち良いでしょうね。
Posted by iwamoto at 2016年07月01日 09:33
iwamotoさん
コメント頂きましてありがとうございます。

この蜂や蝶は、懸命にという意識はないでしょうね。
それしかないという生き方なんでしょう。
でもそれは、それで羨ましく思えます。

今回は、14-140mmの便利レンズで撮りました。
全てテレ端での望遠マクロ的撮影です。
テレ端では、どうしても多少甘めになりますが、
それはそれで、補うことも出来ますので。
今のところ、カメラの買い替えでデメリットは、
感じておりません。パナの絵作りも好みです。


Posted by tomohiro at 2016年07月01日 10:22
ウチのほうでは「クマバチ」とは言わずに「クマンバチ」と言います。
花の蜜を吸いに来るハチは受粉もしてくれる良いヤツですね。

私も田舎でハチを写真に撮りましたが、こんなにクッキリとは撮れませなんだ。
動きについていくのが精いっぱいでした。
Posted by paoまま at 2016年07月05日 14:59
paoままさん
コメント頂きましてありがとうございます。

うちも呼び名は、クマンバチです(^^)
この子は、よっぽどお腹がすいていたのか、
じっくり蜜を吸ってて、撮りやすかったんです。

飛んでる状態でジャスピンも狙ったのですが
難しかったです。

Posted by tomohiro at 2016年07月05日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]