2016年07月07日

どこで切って残すか


写真の撮り方っていうのは、人それぞれ。
what(who) , when , how

私は、気まぐれで、特にルールはなく、撮りたいと思った時に
撮っていますが、デジカメとなり、シャッターを切るタイミングに
躊躇はない。

今回は、ムーがまったりしてる姿(最近殆どそうだけど)を撮りたくなり、
撮ってみたのですが、敢えてそれをそのまま出してみますね。


muu160706B.jpg

背景は、リアルな庶民的な私の部屋を表現ということで(笑)



muu160706C.jpg




muu160706D.jpg




muu160706E.jpg




muu160706F.jpg




muu160706G.jpg




muu160706H.jpg



この間。約1分。
私は、カメラを手に匍匐前進しながら除々にムーに近づいています。
最初から、近寄って撮ることもありますが、結構ビビりなので、
こうしてゆっくり近付きながら撮ることが多いです。

いつもなら、この中から1,2枚をセレクトします。
結構、1枚目というパターンが多いですね。そして最後かな。

私のカメラは、ちょっと古いのでありませんが、パナソニックの
カメラには、最近4Kフォトという機能があり、4Kの動画を撮り、
その中からベストなタイミングのショットを写真として選び、
切り出すという作業。その間、露出を変えたり、ピントを
ずらして、ブラケット的撮影も可能。

それはそれで、決定的瞬間を残すという意味では、有効かも
しれませんが、出来ることなら、シャッターを切るタイミングぐらい
自分で選びたいなとは思います。

この写真は、全て、瞳にピントを置いています。これも基本です。
敢えて基本を崩してやることも意図があればやりますが・・・
例えば2枚目は、手前の前足にピントをもってくるのもありでしょう。


posted by tomohiro at 07:41| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学術的な写真なら、いかなる方法も許されるでしょう。
動物が横切ったら、自動的にシャッターとか。

どこからどこまでが写真か。
時代と共に基準は変化しますよね。

シャッターのタイミングは、まだまだ自分のものでありたいです。
ピントも後から変えられるなんて、証拠写真としては意味があるんでしょうが。
そこを悩んで楽しんでいるのですからね。

最後の写真は、右目にピント。
鼻が影になってるのが気になりますけど(笑)
相手が動物では、色々と仕方ないんですよね。
Posted by iwamoto at 2016年07月07日 11:35
ムーさんがギョギョギョっと段々近づいてくるのが楽しいです。
あ!ムーさんが近づいてくるんじゃなくて、tomohiroさんが近づいたんじゃったわ。

だり〜よ〜、なムーさん。
パオも毎日暑そうです。

今日も北側の部屋でのびてます。
時々生存確認をしてしまいます(笑)
Posted by paoまま at 2016年07月07日 11:48
iwamotoさん
コメント頂きましてありがとうございます。

そうですね。写真と言っても、その用途で求められる
ものが違いますし、それを達成する手段も変わって
当然ですね。

でも撮影自体を楽しむということで考えると、
自分でやれるところは、やりたいですね。
クルマの運転もそうです。人の命がかかってくる
ことなんで難しいところですが・・

最後の写真、確かに影にかかってしまいました。
広角で寄れるとこまで寄りましたんで、私の
影ですね(^_^;)このあたりも気にかけないとですね。

Posted by tomohiro at 2016年07月07日 12:21
paoままさん
コメント頂きましてありがとうございます。

ギョギョギョって私が寄っていったんです。
猫パンチが飛んでくるのを覚悟して(笑)
でもこの時は、許してくれました。

エアコンは、効かせてますが、ムーも
ダルそうです。
よく寝ています。逆に夜グズる時がありますが・・


Posted by tomohiro at 2016年07月07日 12:24
おはようございます^^
今日は朝から雨、梅雨も半分が過ぎて
そろそろ梅雨明けの予報が出てきてほしいですね。
特に九州では雨が多い梅雨ですから。

野性的な目ですね。
猫本来の目ですね。
この本来の目、好きです(*^.^*)
生まれもったままの姿、野生、
動物は良いですね。
大人になっても本能のままに生きられて^^
Posted by あき at 2016年07月09日 09:02
あきさん
コメント頂きましてありがとうございます。

早ければ5日に梅雨明けとか言ってましたが、
梅雨前線が完全復活し、もうしばらく続きそうです。
終われば、強烈な夏がやってきそうで、この時期
結構しんどいですね。

猫は、ムーのような家猫でも野生の血を感じます。
生きるってことを伝えてきますね。
人間は、頭がデカくなってしまったために、余計な
ことを考えるようになり、野生の本能自体が
仮にあったとしても、それがじゃまになるような
世の中です。

ただ人間に生まれたからには、その社会で生き抜く
しかありません。ただ・・最近人間の醜さを
知らされる事件や出来事が多すぎますね。
人は、どうあるべきなのか・・・難しいですね。

Posted by tomohiro at 2016年07月09日 11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]