2016年07月16日

ピンク開花前



hasu160715D.jpg


これが、この日の蓮の花の最初のショット。
手前。これは、明らかに開いてる途中ですね。
これは、ポンと音がしたのかもしれません。
この花は、また登場します。





hasu160715E.jpg

葉の下で開花を待つ。
こういう姿が好きです。


hasu160715F.jpg


これは、まだ完全な蕾ですね。この姿もまた美しい。



hasu160715G.jpg


これは、開花寸前。いや開きつつあり、
撮ってる時に中から、ミツバチが出てきました。
蓮の花のどこに蜜があるのでしょうか。


こうして、撮っていると、どんどんカメラマンが増えてきました。
皆さんかなりいい機材をお持ちで、必ず三脚とセット。
確かにこういう静物の撮影は、三脚を立てて撮るのが基本。

でも私は、今回NO三脚。
せっかく、カメラが軽くなったのですから。
動きの制約を無くしたい気持ちもありましたので。


posted by tomohiro at 10:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
静寂が聞こえてきそうです。

ハチが出て来たのですか。 それは貴重な経験でしたね。
少し開いたところで入ったのでしょうが、面白いです。
ハチとの比較ですが、花はもっと大きいものかと思っていました。

小型軽量の機材で、少し違う方向性が出てくるでしょうね。
ミラーショックが無いって、気持ち良いですよね。
無音設定ってあるんですか。
Posted by iwamoto at 2016年07月16日 12:43
iwamotoさん
コメント頂きましてありがとうございます。

ミツバチがこの日は、凄く多かったんです。
完全に開花している花には、5,6匹が寄り付いて
おりました。初めての経験でした。
この花も撮ってる時に出てきたのでちょっと驚きました(^_^;)

このシリーズの最後にカメラの話をしようと思います。
やはり大きく重いフルサイズの良さは当然あります。
でもそれはわかっていたことなので。
電子シャッターによる無音撮影も可能ですが、
今は、その設定で撮影しておりません。
当然それが必要となるシチュエーションが
必ずありますので。

Posted by tomohiro at 2016年07月16日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]