2016年08月29日

orutana de yushima 4


26日の夕方。
夕日の撮影を兼ねて、再び猫を撮影に。


neco160826A.jpg


しかし、いきなりこの状況に対峙して、
え?ちょっと?・・・・と思いました。



neco160826B.jpg

大丈夫。しっかり目を開けていました。でもちょっと痩せすぎですね。
基準がムーっていうことに問題もありますが・・


neco160826C.jpg


眼光鋭いこの猫も実に印象的でした。優しそうな子です。



neco160826D.jpg

この子は、ここでしっかりご飯を貰っているのでしょう。
ふっくらしたこんな子がいるとちょっと安心します。


neco160826E.jpg

この子は、私を最初警戒していましたが、すぐに慣れてくれました。可愛い子です。



neco160826F.jpg

この子は、ちょっと変わった柄をしておりました。
シャイな子は、うしろ姿を。


neco160826G.jpg


neco160826H.jpg


写真に撮られ慣れてる感のある子。綺麗で品があります。



neco160826J.jpg


neco160826K.jpg


『父ちゃん!俺も船乗りになっばい!』的な(笑)

やはり、夕方になると、猫の出没数が増えていきます。
日が落ちるともっと増えるでしょう。

明日は、翌朝編です。 最後に初めてやってみたタイムラプス撮影の夕日です。
波の音しかせず、美しい時間でした。










posted by tomohiro at 21:09| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2匹目の目が印象的な子、いい顔ですね。
アニメなどに描かれそうなタイプだと思います。
Posted by iwamoto at 2016年08月30日 12:01
ちょっとワープロが変になってしまって、書き直し。
彼等にもテリトリーがあるので、全員がしっかり食べられるわけではなく、そこが心配ですね。
外野から言うことではないのでしょうが。
Posted by iwamoto at 2016年08月30日 12:04
iwamotoさん
コメント頂きましてありがとうございます。

2枚目の猫は、なかなかいい雰囲気を持つ子でした。
この表情は、勿論一瞬なのですが、この表情を
することが納得できました。

島の猫は、色々課題があります。人には、わからない
猫の社会が成り立っていると思うんです。
ただ当然、人間の社会ともクロスしてて、人でいう
ところの飼い猫もいるし、そうじゃないフリーも
いるでしょう。共存という言葉が適切かわかりませんが、
なにかひとつの世界が作れるお手伝いが出来れば
いいなと思っております。

Posted by tomohiro at 2016年08月30日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]